大宮南地区会 8月例会

大宮南地区会 8月例会

今回は、スマホなどを扱う総合デジタルショップを展開されている増田社長からお話を伺いました。

モチベーションは「食べる」から「良い暮らし」そして「人間関係」へと変化する中、良き人間関係を築くために「理念・ビジョン」「人材」を大切にされているとのことでした。

大宮南地区会 8月例会

毎年、全社員にとどまらずその家族までも呼び、経営理念発表会を開催し、その浸透を図られていることには驚きました。 「採用と教育、どちらが大切か」という問いかけをされ、正直迷いました。しかし、「採用の失敗は、教育では取り返せない」というひと言で肚に落ちました。

また、「社員満足度」より「社員成長度」を重要視されていて、その成果として高い定着率や数多い社内結婚などを実現されていました(例会の翌日も、新卒採用の方同士の結婚式とのことでした)。 このような社員の成長が顧客にも伝わるのでしょう、デジタルショップでは珍しく顧客からたびたび差し入れをもらうそうで、顧客と社員の笑顔がフェイスブックにて共有されていました。

増田氏は、報告後のグループ討論の間も各グループをまわりメンバーの声に耳を傾けられ、最後には寄せられた質問書に対して一つ一つ丁寧に回答いただきました。

「確かに成長している企業は違う」「できることから実践していこう」という気にさせてくれた例会でした。

古木孝典 記


2017年8月31日